ポーカープレイヤーに投資するにはどうする?

「ステーキング」とは、ポーカープレイヤーに投資、つまりプレイ資金に出し、勝利の何割かを得るというものであり、長年にわたって人気を博してきた。2014年には、WSOP参加者の半数もの人が資金援助を受けていたそうで、現在では、WSOP参加者の80%もが資金援助を受けているようだ。

ステーキングの普及は、決してポーカーに限ったことではない。参加者が入場料を支払う必要があるほとんどのスポーツ試合では、プレイヤーは資金援助者を見つけられるかもしれない。その例としては、テニス、ゴルフ、ボーリング、ドローンレースなどである。特にeスポーツは、政府による援助がほとんどないため、競技用ビデオゲームの人気上昇に伴い、資金投入が必要になってきている。結果、ステーキングは、参加者と投資家をつなぐインターネット上のプラットフォームさえも生み出しているのだ。

ステーキングの仕組みとは?

ポーカー投資家とも呼ばれるバッカーは、ポーカープレイヤー(馬)に代わってお金を出す人のことを指す。その見返りとして、プレイヤーが勝てば、バッカーは収益の何割かを得ることができる。

一方、その逆も然りで、プレイヤーが負ければ、バッカーは損失も含めてリスクを引き受けることになる。もしプレイヤーが勝った場合、両者は契約に従ってお金を分け合う。その割合は、50対50が一般的だ。こう見れば、ステーキングは、企業の株を購入することに似ているし、競馬に非常に似ていることがわかるだろう。投資家は、パフォーマンスが良く、資金に対してきちんとしたリターンが得られると思われるプレイヤーに投資するのだ。

ポーカーステーキングは儲かるビジネスだが、リスクがゼロなわけではない。取引の多くは、何年もの間、正式な、あるいは法的な拘束力のあるものとは認識されていなかった。ほとんどの場合、双方にとってリスクの高い握手による合意で成立していたのだ。ある出来事によって、取引が失敗することもある。

ここで、弁護士のハル・ルイスと、プロポーカープレイヤーのモーリス・ホーキンスの例で考えてみよう。ルイスは当時、ホーキンスに資金を提供したが、ホーキンスが違法なサイドゲームで2万2,000ドル以上を失ったことにより、訴訟に発展してしまった。ホーキンスは2017年のWSOPに出場したが、残念ながら敗退。ルイスとの契約から抜け出したかったのだが、契約によって保護されていない賭けでお金を失ったため、抜け出せなかったそう。

このような場合、特に相当量の資金がすでに絡んでいる場合は、ステーキングを法的に強制力のある契約にすることが不可欠である。例えば、YouStakeというステーキングプラットフォームは、参加者と資金援助者の双方が、安全かつ確実な金銭的取り決めを行うことができる場となっている。当事者は、YouStakeのウェブサイト上で契約を締結する必要があるのだ。

 また、ポーカーの分野でいうと、友達同士で賭けをするのが一般的だろう。特に、友達にポーカーに興味を持って欲しいと考えている場合、自分自身もポーカーファンである場合はなおさらだ。ステーキングは、ポーカーが好きな人すべてが利用できる。わずか20ドルもあれば、世界的に有名なプロポーカープレイヤーのスポンサーになることができるのだ。

ほとんどのポーカープレイヤーにとって、ステーキングはただ単にお金を得るためだけのものではない。ポーカーのイベント自体を盛り上げたいと思っているプレイヤーも多いのだ。自分が実際に参加しなくても、ステーキングを通じて資金援助をすることで、ジャパンカップで自分の馬のレースを見るのと同じようなアドレナリンの高揚感が得られる。自分が賭けた馬がトップを走っていることがわかれば、信じられないほどの興奮を味わえるのだ。