「エクイティファイナンス」って何?そのメリットとデメリットについて

資金調達のために企業の株式を売却することを「エクイティファイナンス(Equity Finance)」と呼ぶ。株式を購入した投資家は、その企業の所有権を購入したことにもなる。エクイティファイナンスには、普通株式、優先株式、新株予約権など、あらゆる株式の売却が含まれる。特に創業期には、工場設備や初期の事業運営に必要な資金を調達する上でエクイティファイナンスが非常に重要となる。投資家側のメリットとしては、株式が値上がりした時や配当金を受け取った時に利益を得ることだ。

主なエクイティファイナンス先には、事業がまだ非公開の場合、エンジェル投資家、クラウドファンディングプラットフォーム、ベンチャーキャピタル会社、企業投資家がエクイティファイナンスを行う場合がある。また、IPO(新規株式公開)を通じて、一般に株式を公開し、売買させることもある。IPOでは、資本市場での取引のために一般大衆に対して株式を売却することによって、未上場の企業が資金を生み出すことができる。

【エクイティファイナンスのメリット】

1.新たな資金調達手段

エクイティファイナンスの最大のメリットは、負債に代わる資金調達の選択肢となることだ。多額の銀行融資を受けられない新興企業は、エンジェル投資家、ベンチャーキャピタル、クラウドソーシングサイトなどから、経費を支払うための資金を得ているかもしれない。このような場合、企業は株主に返済する必要がないため、エクイティファイナンスはデットファイナンスよりもリスクが低いと考えられている。

投資家は長期的な視野で投資を行うことが多く、すぐに利益が得られるとは考えていない。企業は、負債の返済と利息に集中するよりもむしろ、営業から得たキャッシュフローを再投資することができる。

2.ビジネスのコネ、経営スキル、資金源へのアクセス

企業経営者もエクイティファイナンスから利益を得ることができる。投資家の中には、事業運営に携わりたいと考え、個人的に企業の成功をサポートすることを望む人もいる。

こうした投資家は、自らの成功体験をもとに、ビジネスのコネや経営スキル、資金源へのアクセスという形で、必要不可欠なサポートを提供することがでる。多くのエンジェル投資家やベンチャーキャピタルは、このような形で企業を支援しているようだ。これは、新興企業の初期段階において非常に重要なことである。

【エクイティファイナンスのデメリット】

3.所有権・経営権の希薄化

エクイティファイナンスの最大のデメリットは、ビジネスオーナーが所有権や経営権をある程度手放さなければならない点だ。将来、会社が有利になり成功した際、その収益の一部を配当という形で株主に分配しなければならない。

大半のベンチャー投資家は、特に資金力のない企業に対して、30%〜50%の所有権比率を望んでいる。経営者や起業家の多くは、こうした強力な支配権を手放すことを嫌がり、出資のチャンスを失っているようだ。

4.タックスシェルターの不在

デットファイナンスと異なり、エクイティファイナンスではタックスシェルターが存在しない。投資家に提供される配当金は税額控除されないが、支払利息は税額控除される。その結果、エクイティファイナンスの借り入れコストが高くなるのだ。

長期的に見ると、エクイティファイナンスは、デットファイナンスよりもコストが高くなると考えられている。これは、投資家が貸し手よりも大きな収益率を求めるためである。投資家が企業に融資する場合、大きなリスクを取るため、より大きなリターンが期待されるのだ。